読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oblivion Music

70年代頃からのアーティストに関する彼是

Russ Ballard - It's Good to be Here (2015)

f:id:mod0331:20160312093328j:plain

Russ Ballard の It's Good to be Here を購入しました。

Russ Ballardは 2014年2月、UMU Music Groupに参加(移籍?)し、2015年5月にUMU Music GroupでアルバムIt's Good to be Here をリリースしました。現在2016年3月現在で購入方法はダウンロードだけとなっており、日本のレーベルから出るかはわかりません。

 

購入方法としてはUMU Musicにて会員登録を済ませた後にRuss Ballardのページから購入できますが、このページが何ともわかりにくい仕様になってます。

 

まず、トップページの一番下からに番目に[Artist Discography]とありますが今回のアルバムIt's Good to be Hereの写真付きリンクが二つありますが、片方はTシャツやインタビュー映像、サイン付きの手紙、にアルバムのダウンロード権の付いたもので、もう片方は1つ前のアルバムのBook Of Love の購入リンクとなっております。

 

It's Good to be Hereを購入する際は上の方にあるSHOPのリンクに進み右矢印をクリックして表示されている項目を遷移させると出てきます。

 

また、リンクを張りますので直接アクセスしてください。

It's Good to be Here

Book of Love

 

Book Of Loveは手に入りにくくなっておりますので、購入されてない方はここで買うのも手かもしれません。

 

購入した後は、右上のMY ACCOUNTに入り左列にあるMy DownloadsのVIEW DETAILSよりダウンロードが出来ます。尚、ダウンロードの回数は3回迄となってますのでお気をつけださい。

 

ここ迄くるのはまだちょっと使いづらい程度で済みますが、アルバムをダウンロード(zip形式で保存されます)後解凍すると

 

f:id:mod0331:20160312101146p:plain

 

このようになります。

 

これをiTunes等のソフトに読み込ませると

 

f:id:mod0331:20160312101403p:plain

 

この様に曲順やアーテイスト名、アルバム名は愚か局目すら正確な物とは違ってきます。アートワークすら付いてなくサイトに有る物もこのページと同じ物でかなり荒く小さい物となっております。

 

上から順に曲名はUMU Music Groupのページを基準にして。 この様にしています。

Colliding
The first man that ever danced
Free from your hold
Kickin The Can
My Awakening
Proud Man
Time Machine
Voices
Where were you

 

尚、サンプリングレート等はこの様になってます。 

 

No title kbps hz
1 Colliding 160 44100
2 The first man that ever danced 128 44100
3 Free from your hold 128 44100
4 Kickin The Can 160 44100
5 My Awakening 160 44100
6 Proud Man 128 44100
7 Time Machine 160 44100
8 Voices 2014 160 44100
9 Where were you 160 44100 

 

サンプリングレートは320ほど欲しかったと思います。

アルバムの内容ですが 、The SeerやBook Of Loveに見られる少々ダークな近年のRuss Ballardとなっております。ピアノによるポップなバラードは有りませんがさすがはRuss Ballardな物でありまして、聴けば聴くほど病み付きになって行くアルバムになっています。(最初はつらいですが‚,,)

近々、レビューはしたいと思っております。

 

私は公式のYou Tubeにあるサンプル動画のアートワークをトリミングましたが多少は画質は良いかと思います。

 

アルバムが良いだけに販売体制をもっとしっかりしてほしいと思います。